スポンサーリンク

性善説とはなにか。【本当の悪人はいない、みんな正しいと思っている】

心人生について

うすけんです。

今回は性善説のはなにかという議題で話していこうかと思います。難しいことではなく、本当の悪人っているの?という議題があり、それについてお話していこうかと思います。

性善説とはなにか

人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念、「人の本性は本来、善であるから、努力を惜しまなければ、立派な人間になることができる」

難しいですね笑

少し解説を入れていきましょう。

そもそも悪人とはなにか

最初に悪人の定義とはという部分が大事になります。悪人が分からなければ善人も分かりませんからね。

心のよくない人。悪事を働く人などのイメージですが少し考えていきましょう。

悪人を考える

泥棒、詐欺師、殺人犯、腹黒い政治家、粉飾決算をした経営者などなど

一般的にこれらは悪人やよくないイメージがあります。ですが本当にその人たちはやりたくてそれをやっているのでしょうか。

一番分かりやすいのは泥棒という行為です。

泥棒はどうして物を盗んだりするのでしょうか、詐欺師はどうして人をだますのでしょうか。

そこには自分にないものを欲するという欲望があります。お金に困っているや自分自身の存在を自分で見つけられないなどです。

大体の犯罪を犯す人は心が弱い人だとは考えられます。なら最初から自分自身に満足していれば犯罪など犯す必要などないのです。

性善説と性悪説

  • 性善説「人は生まれつきは善だが、成長すると悪行を学ぶ」
  • 性悪説「人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶ」

要は人は善も悪も行う可能性があるというお話になります。

今度はこれを戦争で考えてみましょう。戦争とはお互いが正しいと思っている主張を通しあうことである。

戦争時に敵国の兵士を殺すことは正義なのか悪なのか。その状況でどちらにもとらえることができます。

本当の正義とはなんなのか

そもそもこれが正義と定義すること自体間違いだとは思う。

平等であることも正義とは違います。有名な画像ですが

正義と平等

本当の正義とは他人を助け合う心であり、周りに関心を持つことであると考えております。

  • あなたは隣人を自分自身のように愛さねばならない
  • あなたの隣人を愛するように、あなた自身を愛しなさい

憎しみなど必要なく助け合い愛しあえば世界は平和に保たれます。そこに正義というものがある気がします。

自分自身にもしっかり価値を感じながら生きることを選びましょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました