スポンサーリンク

死んだときに最後に人は成長する【死ぬ覚悟とは】

亡くなった人人生について

うすけんです。

今回は死んだときに成長する人の話と死ぬ覚悟とはなにかをお話していければと思います。死ぬ覚悟というのはすさまじい力があり、悲しいものになります。

病院などの話では、いつも怒ってばかりの男性が余命宣告を受けたら丸くなり、感謝するようになったというお話もあります。

その辺りも含めてお話しできればと思います。

死という名の成長

死ぬという言葉はどうしても暗い印象がありますが、人が死ぬことはそもそも運命として、生命の秩序として当たり前であり死というものを恐れることはよくないとも考えております。

死んで悲しむ人でさえ、結局は死ぬのですから不思議がってはいけません。

死というものは本当に不思議なものです。

死があるからこそ人はしたいことを先送りにしてはいけないという意思を持ちます。自分はなにかを成し遂げたいなど。

死ななければそんなこと考える必要もありません。

ですが、人は死ぬ前に先送りしたことや後悔を思い出し、現状に感謝するという最後tの成長を遂げるとも言われております。

死があるから成長がある

死があるからこそ人は成長することを選び繁栄することもできました。なぜ自分は生きているのかその答えは誰にも分かりません。

ですが、人はなにかを成し遂げたいと考えます。そして欲求を満たすことを生きがいとします。

それはなぜなのでしょうか。人はなぜ死に近づくとされるタバコやお酒、研究データから分かるジャンクフードや運動不足をするのでしょうか。

人生の目的は成長すること

ここでひとつお話しするのは人生の目的のひとつとして自分が成長することがあげられます。

マズローの五大欲求でも言われてる自己実現欲求のひとつだとも私は考えております。

成長すること、昨日の自分より変わっていることが人間社会において必要になっております。

そして成長するということは変化すること、変化を捨てた人間は生きてはいないとも考えられる。

それはひとつの機械であり、AIなのかもしれない。

自殺者と自己破壊欲求、経済など

ここで少し自殺者というものについてお話していこうと思う。

自殺者は最後にどんな成長をするのだろうか。自殺者のほとんどは経済が不安定になったり、失業したりした人がほとんどである。

そんな人たちは最後になにを訴えているのだろうか。

社会への批判、経済への批判、自分への批判。

さまざま考えて自殺という選択を選んでいる。ですがそこまで死に急ぐ必要があるのだろうか。

成長するために、着実に進むために生きることを捨てていいのだろうか。

人間ができることは生を楽しむこと

自殺を考えている人に少しでも生きていることを楽しんでほしいとは思っている。

恨みや憎しみなどもあるとは思いますが、もう少し自分勝手になってみよう。

生活のなかで自分が満足できて安心できるもの、それがあるから生きているのだ。向上心、達成すべき目標、それに将来への望みが、人生の価値のあるものにしている。

人が生きている理由など本当に単純で自分勝手な理由で生きているのです。もう少し視野を広げて考えて、死というものと向き合う時間が必要になっていきます。

ありがとうございました。こちらもよろしければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました