スポンサーリンク

食べ物とうつ病の勧め【おすすめの栄養素を紹介】

購入品画像サプリメントについてと広告主様

うすけんです。

今回は何度か話している食べ物とうつ病の関係を具体的に何を食べればいいのかをお話いたします。まず読んでいない方はこちらがおすすめの記事になります。

栄養バランス

さてそれでは具体的に何を食べればいいのかをお話します。うつ病にはまずは栄養バランスが大事になります。こればかり食べればうつ病が治るわけでもないので、お気を付けください。

低たんぱく質の鶏肉

まずは鶏肉になります。日本人の多くはまずたんぱく質不足と言われ、まったくというほど意識していない人が多くおります。

さらにプロテインを、ステロイドと勘違いしている人が多くいらっしゃいます。プロテインはただのたんぱく質です。むしろ鶏肉を食べているのと一緒と言ってもいいくらいです。

たんぱく質とは

20種類存在するLアミノ酸状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

そしてうつ病の人が不足と言われるのがアミノ酸のセロトニンと言われております。

そもそもたんぱく質が不足している時点でセロトニンは作られないとも考えられます。なのでそこでおすすめなのが鶏肉になります。

低脂肪高たんぱく質でできており、運動には最適です。でも厳しい方はプロテインも試してみるといいでしょう。

おすすめはこの2つになります。

オメガ脂肪酸

これも最近になり人気になっております。オメガ3脂肪酸を多く摂取している人は不安度が低く、ストレスの多い状況によりうまく対処できる傾向にあるという研究結果もあります。

おすすめはサーモンやマグロ、サバなどです。専門家は、脂の多い魚を1週間に少なくとも2皿摂取することを推奨しております。


EPAやDHAなど一度は聞いたことがある成分も含まれており、脳へのいい影響もあり、記憶力の向上、あとDHAは私たちの体に必須の脂肪酸(栄養素)とも言われております。

でも魚って高かったり毎日摂取するのは大変なのでおすすめは

これは私も摂取しております。

マルチビタミン

ビタミンが健康にいいのはよくお話しておりましたが、今回も同じようにマルチビタミンをおすすめいたします。

まとめ

沢山の栄養を説明してきましたが、一番大事なのはバランスです。とりすぎても治るわけではありません。

でも少しでも変化があるかもと思い、色々試してみることをおすすめしております。

セロトニンを増やしたり、トリプトファンを増やしたりなどなど、幸せホルモンを沢山出すことにより、うつ病脱却もできるかもしれません。

是非試してみてくださいね。

ありがとうございました。

コメント

  1. うつ病を治すために必要なものとは【香り、栄養、運動でうつ病を徹底的に治す】 | 人生の失敗からの教訓 より:

    […] […]

タイトルとURLをコピーしました