スポンサーリンク

マインドフルネス瞑想と現代の哲人のお話【Dr,ディマティーニ】

星空サプリメントについてと広告主様

うすけんです。

今回はマインドフルネス瞑想とはどういったものなのか、そして現代の哲人と呼ばれるディマティーニとはどういった人なのかお話していきます。そもそも瞑想や哲学という物が怖い、信じられないという人も是非見てみて欲しいと考えております。


マインドフルネスとは

「『今、この瞬間』を大切にする生き方」を指します。マインドフルネスの実践により、ストレス軽減や集中力の強化などの効果が得られるとされることから、21世紀に入り世界中で大きな注目を集めています。

マインドフルネスはアドラー心理学の考えに近いものを感じております、哲学の一つとして考えられ、それを実践的に考える、瞑想することを目的としております。

私が簡単に伝えるマインドフルネスについて必要な事を3つ紹介します。

判断をしない

現代社会は評価だらけの社会だと考えている人も多いとは思いますが、アドラー心理学とも組み合わせて判断すると世界はとてもシンプルで考え方ひとつで世界が変わります。

その一つとして判断をしない、評価をしないことがあげられます。アドラー心理学の他者信頼に近いものがあります。人を好きや嫌いでもなく、良いとか悪いでもなく人を無条件で信頼すること、その事柄について、よく観察し、洞察することを推薦しております。

「今この瞬間」に意識を向ける

最初にも述べた通り今に意識を向けるのです。過去でも未来でもありません。アドラーはこのように語っております。

人生における最大の嘘、それは「いま、ここ」を生きないこと

と述べております。目標を持たなくてもいいのです。ただ今を生きるのです。人生はつねに完結している。ここで死んだとしてもそれは不幸と呼べる物ではない。

未来の輝いている自分にスポットライトを当てることもよくないとしています。未来が光っているということは今が暗いということの裏返しになります。

いま、ここにスポットライトを当てることを正しいとしています。

自己受容

これも似ていいるようなものにはなりますが、自分自身に価値があるとはっきりと受け入れることになります。人は誰しも生きているだけで他の人のためになっているのです。逆もしかりですがそのように世界は回っているのです。

ですが、一般的な人生に意味はないと考えております。「人生の意味」などと考えてますがそのようなことを考えるより「これからなにができるのか?」を考えるべきとしております。

現代哲学

このような3つのことについてを実践していくために、今度は瞑想という行為も含めて、ディマティーニという方がオンライン講座を開いております。

  • マインドフルネスの本質を知りたい人
  • 何らかの課題を感じて、自己成長・自己啓発をしたいと考えている人
  • ストレスを感じて、解決したいと思っている人
  • 充実した毎日を送りたいと感じている人

という方をターゲットとしております。


ディマティーニという人物

ディマティーニメソッドと呼ばれる自己改革、やる気の向上などを考えている人です。

哲学・心理学・社会学・物理学・自然科学など様々な分野や方面から40年以上も研究しております。

是非これから幸せという物をつかんでほしいと考えております。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました