スポンサーリンク

EQといじめについて【こころの知能指数】

EQ人生について

うすけんです。

今回はEQ(心の知能指数)と呼ばれるものについての解説といじめを減らすためのお話をします。まずは心の知能指数とはなんだろう。というところから解説をして、少しでもいじめが減ったり、心の病を抱えている人が楽になればなと思い記事を書きます。

EQとは

情動の知能指数。いわゆる「頭のよさ」を指し示すIQ(知能指数)に比した概念。IQがおもに「知能」の発達速度を示すのに対して、EQは仕事への取り組み姿勢や人間関係への関心の度合いなどを感情という視点から測定する指数。社会的に成功する者の多くは、情動を調整する能力に長けているとされるが、EQでは問題処理能力や事務処理能力に加え、環境に適応する能力や仕事に対するモチベーションをコントロールする力など、知能を多面的にとらえたより実質的な判断基準として、企業の採用や人材育成などの判断材料となっている。


https://kotobank.jp/word/EQ-621

簡単に言えばあなたはどこまで情動を調整できるかどうかというのを指数化したものになります。例えばあなたが車の渋滞でイライラしているときに割り込みしてきた車があったときに、キレてしまうのか、それとも冷静になれるかどうかがEQになります。

現代社会においてEQはとても大事なものになります。仕事、採用、育児など様々な分野において活かされてものになります。世の中にはIQが高くてEQが低い人が多くて、うつになりやすい人がたくさん増えているので参考にしてください。

失敗を克服するEQ

人は失敗をするととてもへこみます、さらに言うと自分で気づけていないことも沢山あります。それを改めて気づかせてくれるものにもなります。家族間で喧嘩ばかりの親子・夫婦などはたいていがどちらもEQが足りていないことが多いです。

まずは自分自身と相手を考えていくことから始めなければならないのです。頭でわかってても心が間違えていることなどを、冷静に分析したり他人に批評してもらうことが大事になります。夫が自分のプライドばかりを優先し、妻がそれを受け入れられなくなることも多いし、逆もしかりです。そのような時はほかの人に批評してもらうことが大事になります。



いじめの解消とEQについて

私はEQというものを学んで思ったのが、いじめている人もEQが不足していて、家族間のトラブルをどこかに解消したいという気持ちが生んでいたりします。

このような問題はいじめている親にも問題があることが明らかになっています。職場でも同じで、職場内のいじめなどもたくさんあり、最近だとハラスメントと呼ばれている行為がある。これも同じく職場で休みが少なかったり、自分の時間、報酬が貰えないことへの怒りがいじめにつながっていると思える。

解決策は様々あるが、まずはこれを見ている自分を変えるのが一番早い

いじめられている人もいじめている人も笑顔になる職場・環境へ

これをスマートな環境と言う。スマートとは賢明な判断ができる職場や学校になる。まずは自分を変えて、少しずついじめの捉え方を変えていこうと考える。自分自身のEQを高める。これが大事になっていく。お互いが理解しあえたほうが職場としても学校としても楽になる。

人を変えるのはとても大変です。なぜならいじめている人の家まで行ってその家のトラブルも解決しなければならないからです。なら自分自身を変えていくことから始めていくのが大事になります。

働き方改革がおこなわれていますが、休みを増やしてそこを楽しむことより、仕事が楽しくなるように心を変えるまたは仕事を変えたほうが、自分にとっても周りにとってもよりよい効果がえられるという考えもあります。政府は個人を見ていませんから、自分で自分の中に改革をおこすことが大事になります(自分のEQを高める

閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました