スポンサーリンク

Twitterのやさしさと影響力【見てくれる人達】

影響力お金について

うすけんです。

今回はある人との会話とTwitterでの影響力とやさしさについて話せていければと思います。

この記事を見て、少しでも誰かの為になりたい、または、助けて欲しい人が救われればと思っております。

私はお金はなく言葉でしか伝えることはできませんが、こんなに嬉しいことは人生生きててほとんどなかったので、正直伝えたくてしょうがなかったです。

経緯

お金がない私

もともと生活保護を受けていて、お金がないのは当たり前なのですが、少し携帯代を失敗してしまい高い料金を請求、食費もギリギリになりました(今もギリギリですが)

それで私にあるものを考えた時に、Twitterの仲の良いフォロワーさんがたくさんいました。

少しの希望をかけながら、Amazonの欲しいものリストを載せました。

詳しくはこちら

最初は全く反応もなく当たり前だと思っていました。

でも、ある日夜中に荷物が届きました。

最初は親が何か送ったのかとか色々考えましたが入っていたのは

なんとお米が届きました!

正直泣くほど嬉しかったしそれぐらい苦しい状況でしたので。

そしてその方とお話によれば自分で言うのは恥ずかしいですが

私の事を尊敬しているようで、餓死で死ぬのはダメだと思い送ってくれたそうです。

本当になんて優しいんだと思いました。

その方にたくさん褒められました。

私はうすけんさんの味方です。 その年で色んな経験をして、色んな考え方を持ってて、それってすごいことだと思います。 少なくとも私はうすけんさんの影響受けたし必要な人です。 毎日ツイートが上がってると、生きててくれたと安心します。 うすけんさんは、まだまだこれからも出会いがあるはずです。 いい所も弱い所も悪い所も全部受け止めてくれる人って絶対いますから。 偉そうにすみません

何か助けになれることがあれば何でも言って下さい。 側に住んでいれば何か食べ物とか持って行けたのになと思います。 無力でごめんなさい。 まずはゆっくり眠って、頭と身体を休めて下さい。 安心して眠れます様に…

こんなことを言われたのは初めてで本当に嬉しかったです。

なので記事にもしてますけどね。

その後も私の愚痴を聞いてくださったり、たくさんの優しさを感じました。

記事にすると長文になるくらいお話ししてました。

うつ期の私

そんなある月ですが、うつ期に入りました。

本当に死にたくなり、夜中に電車に近づこうともしました。

そんなときもたくさんの人から止められました。

そしてその方から

また食べ物を送りますね。

と言われました。正直うつ期の私には全く心に響かず、信じられませんでした。

ですが、ある日宅配が来て

これだけではなくカロリーメイトも来ました。

これはお金だけの話じゃなないですが総計6000円以上すると思います。

こんなに愛されてるんだなって実感しました。

この時に少し回復してご飯もしっかり食べました。

私にできることは

質問箱を答えることと記事を書くことしかないと思いこの記事を書きました。

最近の私

うつ期も抜け、ただ生活保護費の携帯代の支払いが重なりまた生活苦になりました。

今度は自分から言ったところはあるのですが、冗談で

何かちょうだーいとか言ってて、ならAmazonギフト送るよと言われました。

そしたら

正直驚きが隠せません。

先ほども言った通り金額だけではありませんが、こんなに優しい人がたくさんいるんだなって思いました。

困ってたら助けてくれる人がいる。やはりこんな世界が一番いいと思ってます。

もちろん助けられた人もどんな形でさえ助けてあげるのがよいと思ってます。

詳しく話すと長くなりますが、

諦めちゃいけません。

そしてちゃんと助けを呼ぶようにしてください

見てくれる人はいます

これは伝えたいと思ってます。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました