スポンサーリンク

募金と幸せ

お金について

うすけんです。

お金で幸せは買えないというお話がありますが、お金で幸せを感じるには条件があります。

これは、ハーバードの准教授Michael Norton(マイケル・ノートン)氏が唱えてます。

それについてと、メンタリストのdaigoも話していた話もしていこうと思います。

私たちの使っている時間

私たちの多くが、「どうやって稼ぐか」「どうやって増やすか」を考えている。

そして、お金があれば幸せだと考える。

自己啓発本などには「お金で幸せは買えない」と考えているが、お金があれば、正しい使い方をすれば幸せを感じることができる。

簡潔に言うと

お金を他人のために使う

という部分にある。

よく宝くじで失敗する人の話はよく聞くと思うが、それはお金の使い方や生活水準の向上によるものがある。

なぜならお金を自分のためにしか使っていないからと考える。

金額は多い方がいいの❓

これについては研究結果がでております。

この研究では

ドル円換算で約500円と約2000円を他人のために使った際の幸福度について語っている。

この研究では、なんとどちらも同じ幸福度の研究結果がでた。

ということにあり、重要なのは他人のためにお金を使うことにある。

寄付と幸福度

緑は「お金をあげると幸せになれる」という意味で、赤は「なれない」という意味である。

ほとんどの国で募金をすると幸福を感じるとされている。

メンタリストのDaiGo

もちろんDaiGoもこの話をして、募金より顔が見えた状態や、笑顔を感じられると幸せになりやすいと唱えている。

さらに

DaiGoさんが東京キャットガーデンに200万寄付をしに来てました。

お金の使い方は人である必要もないのです。

応援したい何か、助けたい何かにお金を使うとみんなが幸せになれますね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました