スポンサーリンク

クズ人間になる生き方

楽に生きる人生

うすけんです。

皆さんはクズ人間を見てなりたくないと思うと思います。

ただ意外となってみるといいこともたくさんあります。

でもクズといっても度合いが分からない場合はやめたほうがいいことを最初に伝えます。

死にたいと思うなら一度クズになって他人に迷惑をかけてみるのも楽しいですよ。

みんなクズ人間である

クズ人間じゃない人はいません。

詳しくはこちらへ

人に迷惑をかけていない人間はいないので、改めて自分から迷惑をかけても死にはしません。

ただちゃんとその迷惑をして自分に利点があることがおすすめです。

そしてあなたが考えている以上のクズ人間が世の中にたくさんいて平気な顔をして生きてます。

だから一度迷惑をかけてみましょう。

それで死にたくなったら死ねばいい。

具体的にどう迷惑をかけるか?

仕事の辞め方が分からないって人がいました。

辞めるのにお金を払おうとしていたので、私は

「朝起きたら仕事に行かないで遊べばいいじゃん」

会社に行かない人は必要ないとされて辞めさせられます。

たぶん退職の書類とかを渡しに家に来るかもしれませんが、そのまま辞めればいい。

とても簡単だし、暴れたりする必要もない。

プライドが邪魔するとかいうなら、辞めなくてもいい。

だってそういう判断をするのはあなた自身なんだから。

クズ人間になると周りの評価が下がり、でも評価される

まずクズ人間の烙印を押されると、ある程度周りの評価が下がります。

当たり前ですね、でもその評価の中で何かを成し遂げたらどうでしょう?

逆に評価されるようになるんです。

ギャップの効果はすさまじく

ヤンキーがゴミの分別をしていたら、いつもしている人より評価される理論と似ています。

間違った人が正しいことをすると褒められる世の中なんです。

さらに、

周りの評価が低いからある程度のことはできる。

なぜなら、周りの評価が

〇〇だからしょうがないって言われるようになるのです。意外とクズ人間のほうが生きやすいんです。そのように利点もあったりします。

失うものがないから行動ができる。

だってこれ以上失わないのだから、覚悟ができる、挑戦できる。利点がたくさんありますね。

最近だとこれを無敵というふうに話しております。

まとめ

クズ人間は後ろ指をさされやすい存在ではありますが、考え方によれば評価が低いというのはとても生きやすくなります。

大抵のことは〇〇さんだからしょうがないという感想になるからである。

失うものがないというのは行動ができるという事である。

でも間違ったことに行動しなければ、私は利点はたくさんあると思う。

失うものがないから犯罪をするのではなく、挑戦をしてほしいですね。

ありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました