漫画アニメゲームから見る名言と人生観part6

アニメやゲームの名言

うすけんです。

今回はスクライドというアニメ、漫画から名言を見ていきましょう。

簡単に作品について解説いたします。

生まれも価値観も何もかもが異なる二人の男のぶつかり合いを通してその生き様を描いた熱血バトルアクションアニメとなっております。



カズマの名言

本作の主人公の名言になります。

他人が俺のことを幸せとか不幸とか言うんじゃねぇよ!それが見下してるって言うんだ

他人に人生終わってるなとか言われても気にしちゃいけません。

自分の幸せも自分の不幸も誰かに決めてもらうものではないのです。

たとえ毎日がギリギリの生活でも、自分が幸せだと思えばいいのです。

重要なのは自分なんです。

相手は見下さなきゃ幸せになれないかわいそうな人と思っていたほうがいいのです。

他人の力を借りなきゃ幸せになれないのです。

死ぬのが怖いわけじゃない。何もせずに死ぬのが怖い。なんの証も立てないまま、朽ち果てるのは・・・・・・それだけは死んでもゴメンだ!

死ぬのは怖いものじゃないのです。

誰だって最後には死ぬのです。

ただ死に方というのが大事で、自分がいた証、存在していた証明をしたいと考える。

自殺という死に方は最後の花だと思っている私は、最後に存在していた証明になるのではないかと考える。

スクレイト・クーガーの名言

元々他人同志がつるんでいただけだろ。オレが選んだオレの道だ。それを最速で突っ走ってなにが悪い!

信念を曲げずに生きることの大切さを教えてくれます。

結局学校でいじめられても、どんなにつらくてもそれは自分が選んだ道なんです。

自分が変われば世界も変わります。そしてそれは自分の道なんです。

そこを本気で突っ走るのです。

劉鳳の名言

本作の2人目の主人公です。

オレはオレの中にあるルールでおまえを悪だと断定する。

人それぞれのルールがあるのです。

そして、もちろん県にもルールがあり国によってもルールがあり、様々なルールがある。

あなたの中にも自分の中のルールがある。

重要なのは、ルールを受け入れること。

この人はこういう考えの人なんだと理解することだと考えるべきである。

宗教間の戦争などもあるが、お互いがお互いに理解しあいでも強要はしない世界が本当に望むべき世界なんじゃないかと考える。

まとめ

沢山の名言があるスクライドという作品は是非見て欲しい。

男らしさや熱さが伝わるし、信念や生き方も刺激が受ける作品になっています。

ありがとうございました。

コメント