うつ病の時の対処(上級編)

うつについて

簡単編はこちら

そもそもうつ病は治る病気ではないという点を踏まえたうえで、うつの時の行動するべきこと

やる気がでないし、何もしたくはないが、もし改善したいと思ったなら



豆乳を飲む+PFCバランスを意識

うつの時はホルモンバランスが崩れていることが多い

ホルモンバランスを整えるのは健康的な食事が一番大事

PFCバランスに気をつかった食事をするのが一番効果的

PFCバランスとは簡単に言えばたんぱく質、脂質、炭水化物のバランスの事である

ちなみにメリットとして健康的に痩せるというものがある

正直な話日本人は本当のダイエットのやり方を知らない人が多い

過度な食事制限なんて無駄です

PFCバランスの意識だけで健康的な体健康的な意識が根付きます

ちなみにPFCバランスはボディービルダーなどでも考えられている理論です

あとボディービルダーはダイエットのプロです

銭湯や温泉などの熱いお風呂に入る

これは体温を上げるという意味も含まれている

さらにリラックス効果や温泉の効能なども期待できる

お風呂よりできるだけ大きい銭湯がおすすめである

家のお風呂とは違った落ち着きや肌の調子がよくなったりする

血液の循環や汗をかくことにより、不純なものが流れてて落ちていくイメージ

運動

やはり運動も体温の上昇、リラックス効果、瞑想状態などがある

やる気がまったくでないとは思いますが、思い切って一度体感トレーニングをするのがいい(プランクが一番簡単である)

これである

これを少しでもやるだけで気持ちが変わる

というか何も考えなくて済みます

知識と自己暗示

これは私がやっていることだが、うつになったら

あぁわたし今うつだからのんびりしよ!

みたいに自分の中で納得する部分を作ります

それには自己暗示や知識が必要かなぁとは考えてます

なにもしないという行動をするのが一番かもしれません

焦らず好きな事をする、やりたいことをする、いつの間にかやっていることをしている

などです

様々なうつ病対策はたくさんありますので、いろんなことを試して自分に当てはまることをおすすめします

ありがとうございました

コメント