幸せとお金と欲求

お金について

どうも皆さんうすけんです

みなさんはお金がほしいですか?

大抵の人がお金の為に生きる人が多いです

でも実際はお金があっても幸せにはなれません

その意味を書いていきたいと思います

ムヒカ大統領のスピーチ 

まず皆さんはムヒカ大統領をご存知でしょうか?

この方は

世界で最も「貧乏」な大統領

と言われています

そんなはずがないというかたは是非調べて欲しいです

“世界でいちばん貧しい”大統領来日「幸せとは・・・」(16/04/06)

1分で見れるのでおすすめです

そもそもお金がある=幸せになったのでしょうか?

それは人間の欲望が一番関係してきます

日本人が特に多いのが承認欲求です

一番簡単に認められる方法が年収を上げて地位をあげることであったのです

でも私は逆に考えて

承認欲求さえ満たされれば幸せを感じるんじゃないか?と思います

だから本当のところ必死に年収を上げて幸せを感じるようにするより、他の方法で欲求を満たしてあげるほうが幸せを感じるんじゃないかと考えます

でも、なぜ年収上げることが幸せとつながらないかもう少し話します

お金の使い道

皆さんはお金を何に使いますか?

ゲームでも趣味でもいいと思います

高いものを買うのもいいでしょう

でもよく考えて欲しいです

これで幸せになるのは誰ですか?

もちろん自分自身ですね

これじゃ人間は幸せを感じません

人間は他人に尽くすことにより幸せを感じやすい生き物だから

おすすめとしては募金などです

しかも誰かに直接渡せるような形が一番いいです

さらに

人間の欲求は潤わない

欲しいものを買います→さらにいいものが欲しくなります

この連鎖が始まります

とくに、高価な買い物をする人はその傾向がありますね

ここにはなぜ宝くじが当たったら不幸になるのか?という意味も含まれています

いろいろな理由があります

  • 当たった生活水準を維持できなくなった
  • 欲しいものを買った
  • 自分の為に使った

他にも理由はありますが、一番は買っても買っても本当の幸せを獲得できなかったからだと思います

でもいろんな幸せの形があります

もちろんお金を貯めることが幸せの人もいます

大事なことは

自分にとってなにが幸せなのかをしっかりと見つめること

です

ありがとうございました

コメント