自殺にネガティブなイメージをもたない

人生について

うすけんです

人は誰しも死について考えるときは来ると思います

それは死にたくないという考えかもしれませんし、生きるのが辛くて死にたいという人もいると思います

でも私が思うに自殺は悪いことではないとはおもうのです



まず大前提に

自殺は罪に問われない

というものがあります

殺人は罪になっても自殺は罪ではないのです

なぜ他の人が殺すのがダメで、自分で自分を殺すのが罪にはならないのか?

なら本当は自殺とは正しい行為なのかもしれない

そもそもなぜ自殺にネガティブなイメージがあるかというと、死という不明確なものが存在しているからである

なので、事実として誰も本当は自殺を止めるべきではない

もし自殺することだけが天国に行けるとするならば、みんなが自殺を推奨していただろうと考える

自殺にも種類があります

他人の影響で殺された、他殺的自殺

自分の意志で死んだ、自己的自殺

他殺的自殺

この理由の場合ならあなたが損をすると思います

  • いじめ
  • 借金
  • 不登校
  • 無職
  • 家庭内暴力

このような理由ならもったいない

そもそも自殺する理由にはなってはいけないし、こんなことで自殺するなら私は全力で止める

なぜならこのような問題は必ず改善策が存在するし、生きるだけなら今の日本には生活保護も存在しているからだ

解決策が見つからないならいろんな人に質問してみてほしい

私でももちろんかまわない

必ず改善できると自負しよう

それで私の賛成しているのは自己的自殺である

自己的自殺

そもそも死ぬことが正しいという考えである

人間に生きる意味も死ぬ意味も考えても無駄だし見つかることもないだろう

だから自殺したところでなにも変わらないし、何も変化はない

この意見を誰も否定はできない

迷惑がかかるからとかという意味で否定したり、悲しむからという意見も関係ない、そもそもそれは自分勝手な意見なのだから

当の本人には全くもって関係ない

一概に自殺が悪いものでもないという考えがあってもいいと思っている

生きるのは死ぬまでの暇つぶし

生きるのはとても長いです

なので暇つぶしと考えてみましょう

別に死んだっていいやと思いながら勇気を出してたくさんの事に挑戦するのです

どうせ最終的に待っている死を迎えるまでの間やることがないので、仕事にしろ遊びにしろ暇つぶしなんです

大金持ちになっても、どんなことをしようとも結局は死なんです

人がタバコが健康に悪いのに吸い続けるのは心のどこかで死を望んているからななんじゃないかとも思います。

皆死を望んでいるという考えがあってもいいとは思います

ありがとうございました。

コメント