スポンサーリンク

うつ状態の時の5つの対処方法(簡単編)

引きこもりうつについて

上級編はこちら

うすけんです。

人生を生きているうちにうつ病に近い状態になることもあるでしょう。落ち込んでいるときにどのような事をするべきかをまとめました。

そしてできる限りすぐにできるようなことをまとめました。

うつ状態の時にするべき5つのこと

なにもしない

何もしなくても大丈夫です、安心してください

準備期間です

ただ、ぼ~と時間が流れるのを感じます

それでもっとうつになる人もいますが、でもまずはなにか行動するのをやめることは大事です。

頭の中で少しずつでも整理していくことが大事なっております。難しいことは考えず今に焦点を当てることが大切です。

音楽を聴く

好きな音楽とりあえず流してましょう

明るい曲でも悲しい曲でもなんでもいいです

いつも聴いてた曲をただ流すだけでもいいと思います。

音楽の力というのは想像しているより、人の脳や身体によい影響を与えることが証明されております。

だからこそ音楽を聴くべきだと私は思っております。

とりあえず寝ましょう

寝てから考えましょう

明日になればまたなにか変わるかもしれません

睡眠中は脳が記憶を整理しています。ですので起きた後は少しすっきりしている気持ちになっているはずです。

ですがなかなか寝れないこともありえるでしょう。そんな時はサプリ病院で処方される睡眠薬などを試してみてください。

こちらもおすすめ。

やりたいことを考える

やりたいことってなかなかわからないかもしれないけどとりあえず、なんだろうなぁとか考えてみる、どうなってたらいいのかなぁとか考えてみるのもいいかなぁと思います

そしてやりたいことをできる限りメモしてみましょう。

紙に書くことによりすこし気持ちが整理され、楽になります。ですのでやりたいことを考えメモをする習慣をつけてみましょう。

何もせず何も考えない

時間が解決してくれることも多いので、とりあえず何もしなくてもいいし、何も考えなくてもいい

鬱の時は準備期間だと思って、のんびりしましょう。そういった小さな時間が人生においてとても大切な時間なのかもしれません。

うつになったということは休憩する合図なのかもしれません。

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました