すべて個性と受け入れる心

引きこもりや不登校について

うすけんです

引きこもりや鬱、コミュニケーション障害でもなんでもいいですが、これらすべては私はその人にしかない個性だと考えてます。

嫌いなところもとらえ方次第では好きなところに

一般的にはコミュニケーション障害は悪い

引きこもりや不登校はダメだ

という考えが一般的だとは思います

でも私は言います

よく学校行かなかったね!素晴らしいよ!

私は学校に行かないことも素晴らしいことだと考えています

現在の常識があるから否定的な意見がでてくるのです

学校に行かないことにより成功する人もいるのです

不登校も悪いことだけじゃないです

その時間で自分の成長につなげられればいいこともたくさんあります

無理して学校に行く時間があるなら好きな事をとことん追求してください

もちろん苦労することもあるとは思います

私はほかの人との話で修学旅行どこ行った?というと答えに詰まります

でも、私の不登校時代の経験が今も活かされていると思ってます

すべて個性、一番自分のしたいことをしている姿が一番いい

みんな違うし、みんな良い、受け入れる心が大事

常識を疑う生き方へ

周りの人を観察するとよいと思います

みんな周りの目を気にして生きてたり、働いてなかったら否定されたり、自分が正しいと思い込んでいる人もいます

それを間違えているとはいいませんが、それでは歯車の人生になってしまいます

すべてを疑え、すべてが間違えていて、すべてが正解だと考えろ

そして自分の信じる道を目指せ

これが私の考えです

生き方も人それぞれです、一番自分にあった生き方をするのが大事です

ただしお金を浪費するだけの人生は止めておきましょう

浪費するのはいいが

消費者から生産者へ

という考えを忘れないようにしてくださいね

皆が生産者になって、この世がよりよくなることを願います

ありがとうございました。

コメント